沿革

COMPANY HISTORY

1989年 日本サンインスツルメンツ株式会社設立
(Sun Instruments Japan Co., Ltd.)
バイオセンサーズ インターナショナル社(BSI) の
日本法人としてクリティカルケア製品の輸入・販売を開始
(Biosensors International Pte Ltd)
1991年 BSI はクリティカルケア製品の製造販売とグローバル展開を開始
同年、心血管治療分野の研究開発に着手
1998年 バイオセンサーズ・インターナショナル・グループ(BIG) を設立
(Biosensors International Group Ltd)
1999年 日本バイオセンサーズ株式会社へ社名変更
(Biosensors Japan Co., Ltd.)
2000年 BIG は心血管治療分野に参入
2002年 日本において、PTCA用バルーンカテーテル
「Powerline™」を発売
2005年 BIG はシンガポール証券取引所(SGX) に上場
2007年 日本において、冠動脈用ステントシステム
「S-STENT™」を発売
2012年 現在の千代田区内幸町へ本社を移転
同年、心臓画像診断装置の分野に参入
2013年 日本において、心臓画像診断装置 「D-SPECT™」 を発売
同年、PTCA用バルーンカテーテル「ibp-22®」を販売開始
2017年 日本において、冠動脈用ステントシステム
「BioFreedom™」を発売
2022年 日本において、冠動脈用ステントシステム
「 BioFreedom ™Ultra 」を発売

LinkedIn